category

what's new

2017/12/22
リーズナブルな車検の注意点を更新致しました。
2017/12/22
より良い車検をより安く!を更新致しました。
2017/12/22
そもそも車検って何のため?を更新致しました。
2017/12/22
車検に必要な書類と節約術を更新致しました。

車検を安くすませるためのコツとは

東京では、車を所有している人は他の地域と比べて少ない傾向があります。人口過密の地域として、駐車場確保の問題もありますし、交通網が発達しているためその必要性が少ないからです。車があれば便利ですが、色々な維持費が掛かる点を考えると、必需品でなければ所有しないという選択も賢い方法です。しかし東京でも、車を持っている人は少なくなく、その維持費はなるべく節約したいのではないでしょうか。
車の維持費で大きなウエイトを占めるのが、車検です。定期的に必ず受ける必要がある車検は、車の排気量や車種によってその費用に差があります。しかし同じ車でも、車検を受ける業者を選ぶことで安く済ませることが可能です。車検を行っている業者は、車のリーダーや民間の車検会社はじめ、現在はカー用品を扱う会社や修理工場などでも広く扱いがあります。
そこで車検を安く済ませるためには、それらの業者で値段を比較して決めることがコツになります。まずは、お住まいのエリアにある車検業を探してみましょう。ネットで探すと車検の比較サイトがあり、東京エリアの業者を探すことも値段比較することも可能です。車種や排気量など簡単な情報を入力するだけで、すぐに比較できます。値段の安い業者をいくつか選んだら、車検に掛かる時間やサービス内容なども比較して最適な業者を選びましょう。

知っておきたい車検が受けられる期間について

東京で車をお持ちの方の中には、初めて車検を向かえるという人も多いと思います。初めてのことで不安がある中でも、気になるのは受ける時期です。車検の有効期間が過ぎた車に乗ってしまうと違反となり、罰則が課せられますから注意が必要です。では車検が受けられるのはいつからでしょうか。実は、車検はいつでも受けることが可能です。しかし早く受けてしまうと、次回の車検の有効期間が早まるため、これは賢い選択とはなりません。
特別な事情がある場合を除き、一般的に車検が受けられるのは有効期間の1か月前からとなっています。具体的には、8月15日に車検の有効期間が切れるのであれば、7月16日から8月15日の間で受ければ大丈夫です。1か月の期間があるため、忙しい人の場合でも希望する車検業者が混み合っている場合でも、余裕を持って完了できます。車検の有効期間は、車検証や車のフロントガラスに貼られているステッカーをみれば確認できますから、前もって確認して準備を進めておきましょう。
ところで気になるのが、車検を受けた日が遅ければ有効期間に関係するかどうかということです。前述の1か月の期間の中では、早く受けても遅く受けても有効期間に変わりはありません。この期間内に車検が受けられるよう、事前に東京にある最適な車検業者を見つけておくと安心です。

ホリデー車検は車検基本料は5,184円から。 完全予約制の立会い車検でおまたせいたしません。 立会い説明時に部品交換が必要な場合、交換部品は6ヶ月、1万キロ保証がついています。 新車初回車検の「はじめてくん」は車検基本料1万円。 全国統一サービスでお引越先でもおまかせください。 利用者は全国で毎年20万人以上。リピート率は70%を越え、ご愛顧をいただいています。 東京都内で車検を絶好のタイミングでお考えの方へ

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加